体同様目も鍛えよう

最近は目の不調を訴える人が増えているそうです。

疲れ目や目からくる肩こり、首コリ、頭痛など、症状は様々ですがその程度は深刻で、治りづらいのが特徴です。これらの症状はなぜ起きるのでしょうか。一番の原因は目の酷使でしょう。現代は、目には非常につらい時代といえます。仕事で一日中パソコンの画面をにらんでいたり、それ以外にもスマホやテレビなど目は休まることを知りません。このように酷使し続けていると眼精疲労となり、眼精疲労となれば少し休ませたくらいでは目は本来の機能を回復しません。これにより水晶体の機能も衰え、目のピントが合わなくなり、さらに眼精疲労へと繋がっていきます。老眼の進行も早まっていくでしょう。

目の働きにいても、筋肉の存在は重要です。毛様体筋という筋肉が水晶体を動かす筋肉です。体の筋肉を鍛えるように毛様体筋もストレッチや目の体操などをして鍛えるようにすれば眼精疲労、老眼も改善していくことができます。

老眼 改善