土日とか祝祭日または利用者による日時の指定

大学の入学あるいは企業の年度末というような引越しシーズンともなると、かの引越し業者なども含めて引越しの業者サイドでは、いわゆる超繁忙期となって費用的にはどうしても平常に比較してアップするのが自然のようです。
とくに土日とか祝祭日または利用者による日時の指定もやはり同様でしょう。
いっぽう比較的小規模な引越し業者でしたら、それほど大きくアップすることは無いように言われています。
引越し業者としては、少しでもコストダウンを図るべく能率的な作業を心得ているものですが、アリさんマークの引越社引越し先での予想外でのハップニングによって費用の追加が生じたりしている実例は後述のように多々報告されています。
なお標準的なサラリーマンファミリーでしたら、例えば大阪府内でしたら日時指定をしないケースでおおよそ6万円ほどが相場のようです。
ただし地方色豊かで独自性に富んだ引越し業者でしたら3~5万円ほどに下がるでしょうが、やはり条件の詳細な確認が不可欠でしょう。