頭痛もちの頭痛との付き合い方

なにかっていうと頭が痛くなる。
人によって不調が出てくる箇所は異なるのだろうが、頭が痛くなる。
いやいや病であったり、天候の変化、最近では鼻炎の悪化でも頭痛がする。
たまに心配になり、脳神経外科に通院したりするが、今のところは問題なし。
リハビリで肩や首の電気治療をしてもらったりするとラクになる。
たいてい、強めの頭痛薬や抗不安薬を処方されて終わる。

頭痛がしてしまったり、なりそうだな?という気配を感じたときには
早目に頭痛薬を飲み、眠るのが一番いい。
仕事中など休めない時はとにかく薬を飲む。
成分によって自分に合う合わないがあるので、自分に合う頭痛薬を見つけておくことも大切な気がする。
お守りのようにいつも持っている。

割と神経質であったり、心配性であるため、
日々の暮らしの中でいかにストレスをため過ぎずに過ごしていくのかもよく考えたりする。
昔に比べて情報量が増え、無駄に気に病んだりすることも多い。
いかに自分に関係のないことを思考から排除するか。
考えてもどうしようもないことを考えないか。
まぁ、いいかって思って忘れるか。

頭痛もちは頭痛になっている原因が何なのかをつき止めて、対策していくことも大切かと感じる。
我慢せずに薬の力を借りてとっとこ治す。
なにはともあれ眠れる状況なら眠るが一番。

この先も頭痛と付き合っていかないとならない。
自分なりの対処法で乗り切っていきたい。

ズキトールの影響が凄いと口コミの所以とは?ズキトールの成果が凄いと口コミが良い所以はズバリ「一般の頭痛薬に入っていない4種類の天然ハーブ成分と大豆イソフラボンやビタミンB2等が直接頭痛のきっかけをケアする事」です。ズキトールの効果の詳細は以下のサイトによくまとまっています。口コミと評判もよくわかりますよ。

http://www.hzvbcvec.net