寝る前のストレッチって体に良いのか

寝る前のストレッチって体に良いのでしょうか。
ストレッチをやるとどんな良い影響が出てくるのでしょうか。

ストレッチは体を曲げたり伸ばしたりする運動で、なんとなく体に良い影響をもたらすのではないかと考えることが出来ます。

寝る前にストレッチをやると筋肉のコリや痛みが改善する場合があります。
ストレッチをやることによって、硬くなっている筋肉をほぐし、血行を改善させることによって酸素や栄養を十分に送られるようになって症状が改善するようになります。

寝る前にストレッチをする良い点は、ストレッチをすることによって副交感神経が優位になります。
副交感神経が優位になると眠りに入る準備が整いますので、ぐっすりと眠れるようになります。
また、血行がよくなり手足も温かくなりますし、体の中心から熱が放射されるようになります。
体の中心の熱が放射されることによって、その部分の体温が低下してきます。
体温が下がることもぐっすりと眠れる準備にもなります。

質のよい睡眠をとると成長ホルモンが十分に分泌されますので、お肌の方にも良い影響をもたらします。

このように、寝る前のストレッチは体に良いのですが、ハードなストレッチを逆に体を目覚めさせてしまいますので注意をなさって下さい。

加圧tシャツにおすすめのインナーはあるのか