どんな資格が役に立つものなのか

どんな資格が役に立つ資格なのでしょうか。
折角、一生懸命勉強して資格を取るのですから役に立つ資格を取りたいですね。

役に立つ資格といっても様々です。
ここでは、転職や社内でもスキルアップに役立つ資格について考えてゆきたいと思います。
だた、役立つ資格だからといっても、今なさっている仕事やこれから転職をする仕事に即した資格でなくてはいけないことはご注意下さい。

TOEICです。
英語のコミュニケーション力を図る資格です。
TOEICは持っていればなんでも良いということではなく、スコアが良くないといけません。
スコアは10点から990点まであります。

中小企業診断士です。
国家資格で学習期間は2年間です。
国が認めたコンサルタントの資格です。
難関な資格なので、この資格を有すると社内の評価も上がりますし、転職の際のアピールにもなります。

社会保険労務士です。
国家資格で学習期間は2年間です。
各種の保険の書類の作成や手続きをすることが出来るようになります。
難関な資格ですから、この資格も持っていると評価が上がりますし、キャリアアップに適した資格です。

宅地建物取引士です。
不動産を扱う会社にとってなくてはならない資格です。
この資格も国家資格です。
宅地建物取引士しかできない独占的な業務がありますので、資格保持者にメリットがあります。

このように役に立つ資格がありますので、チャレンジをしてみてもいいかもしれませんね。

マーケティングをオンライン講座で学ぶ※10日間の無料体験あり